「リンクスリングス」サービス終了に寄せて|リンクスリングスから学ぶSNSマーケティング

2020年8月31日の12時を持って、リンクスリングスのゲームの配信が終了となります。

※「リンクスリングス」ゲーム画面より
※リンクスリングスゲーム画面

もともとは、私の友人が開発にかかわっていたことからゲームサービスを知り、遊んでおりました。

遊んでいたゲームが終了してしまうのは非常に残念ではあるのですが、リリース前からちょっとかかわったためやや思うところもあり書き留めておきたいと思います。

ちなみに結構ガチでやりこんでいて当時はかなり熱くなっていたので、いい歳してファンアート描いて開発部へ勝手に送りつけたりしました(何をしてるんだか)

その節はご迷惑をおかけしました。

スポンサーリンク

戦いはリリース前から始まっていた

特にリンクスリングスは、サービス開始前からアンバサダープログラムを展開し、

リリース前にゲームを体験できたり、

開発者や声優さん、コスプレイヤーさんや、やしろあずきさんなどのインフルエンサーを交流できるイベントを開催して盛り上げていったのが記憶に新しいです。

折角なので私も応募して参加しました。

《アンバサダーイベントに参加したレポ漫画》

漫画内ではレイヤーさん見ていたと書きましたが、個人的にははじめて、やしろあずきさんを生で見て「じ、実在したのか…!」と驚いておりました。(いやそれはいるよね)

※公式アンバサダーさんたちのサイン入り三角コーン(?)

話がそれました。

何が言いたいかというと、今の時代、良いゲームをポンと世に出しただけではいおしまい、とはならず、リリース前から顧客獲得やサービス展開に向けてのマーケティングを行う必要があるということです。

リリース前から売り上げ拡大や、ゲームを盛り上げるための戦いが始まっているのです。

アンバサダーイベントではやたら豪華な粗品もいただきました。

大事に使っておりますが、「こんなことまで必要なのか…」と驚いた記憶があります。

リリース後も積極的なプレイヤーとの交流

リンクスリングスは同時接続のリアルタイム対戦ゲームなのですが、プレイヤーが増え始める18時以降~22時頃にかけて、開発メンバーや、公式アンバサダー(インフルエンサー)がSNSでアクセスコードを開示し対戦できるという取り組みを行っていました。

ゲームの性質もあるのでしょうけど、個人的にはこの取り組みが時代に合った新しい形だなと驚いた記憶がありました。

昔はゲームを作っている方々との距離が非常に遠かったので、雲の上の人のような感覚でしたが、SNSのこの時代ではスマホ一つで開発者や声優さんなんかと遊べてしまうのですね。

※リンクスリングスゲーム画面

先ほどログインしましたが、本作にも出演されている声優の櫻井さんと一緒のチームに。

アンバサダーのイベントでもお見掛けしました。ありがとうございました。

ゲームの魅力をSNSで発信しつつ、プレイヤーと交流し、なんならバグの報告や改善なんかも行う姿を見て、もうこの時代SNS必須なんだな…と感じました。

ゲーム開発から、いろいろ発信を続けストーリーを見せていくことで共感を呼び、アンバサダープログラムで、顧客と共にゲームを盛り上げていく姿勢はさすがという感じです。

開発陣の奮闘を見ているだけでも応援したいな、という気持ちがわいてきたのを覚えています。

それだけやっても続けるのは難しいのか

そんなこんなで、時代に合ったマーケティングを展開しつつも収益化をつなげていくのは難しいのですね…。(この辺はマーケティングだけの話ではないので難しいところではあると思いますが…)

※リンクスリングスゲーム画面 お知らせより

私も後半ほとんどプレイできなくなってしまったのであまり大きなことは言えないのですが、こうしてブログを始めた今思い返してみると、いろいろ学ぶべきことが多かったです。

ゲームやキャラも非常に魅力的で、ゲームを通していろいろ勉強させていただきました。

これまで楽しいゲームをありがとうございました!

ちなみにナオがダントツで好きです。(聞いてない

昔は四コマを描いていました。デビュー雑誌が創刊号で廃刊。
秋田県出身、東京在住の会社員。生活をスマートにする雑貨・ガジェットの紹介、映画の感想や工作など、雑多に更新していこうと思います。仮面ライダーネタが多めかもしれません。

待宵 真をフォローする
ゲーム感想
スポンサーリンク
シェアする
待宵 真をフォローする
オレガノチキン
タイトルとURLをコピーしました