シンプルながら考え抜かれた匠のファイル「SAND IT」がすごい。

TENT様の新商品がなんとKING GIMから発売されまして、衝撃を受けて衝動買い。

シンプルに紙やクリアファイルを格納できるファイル「SAND IT」の紹介です。

SAND ITはこんな方にお勧めです。

  • カバンの中で書類を折り曲げたくない人
  • クリアファイルやA4用紙を持ち歩きたい人
  • 機能美が好きな人
  • SLITを使っている人


SAND ITはゴムと板で挟むだけ

SAND ITの機構は非常にシンプル。

行ってしまえば、ゴムと板で挟むだけ…なんですけど、この機構が非常に素晴らしい。

「ゴムで挟むことで格納する」というコンセプトは、ミニマム系のガジェットによくみられる機構で、
私も利用しているミニマリスト財布「ニルウォレット」なども、ゴムで挟むというコンセプトの製品です。

SAND ITも、一見同じような機構に見えるが、ゴムが斜めに張り巡らされていることで、

閉じたときに、隙間から紙がこぼれ出ないようなストッパーの役目を果たしつつ、

ゴムを解放したときは、上半分がフリーになることでクリアファイルのように開きやすくなる

という二つの機能をゴムと、巻き方で解決しているのです。

なにこれすごい…

最初商品画像を見た時には

待宵
待宵

えーなんでゴム斜めになってるの…ちょっとダサくない…?

…とか思ってしまいました。超すみません。

素晴らしい機構でした。

スポンサーリンク

ちなみに、このゴムを留める溝も良くできていて、

斜めの切込みだけでしっかり保持できて、かつ開けやすいというギリギリのバランスをとっている感じだと思います。

すげぇ…めっちゃよくできてる……

どうでも良いですが、このゴムと留める感じが仮面ライダーゼロワンの滅亡迅雷っぽくてよくないですか…?

SLITとの相性も抜群

以前ご紹介した、A4の収納に便利なSLITもすっぽり入ります。

A4の紙に書いたものを、SLITに挟んで、カバンで持ち歩くときは折れないようにSAND ITに格納するという流れがおススメです。

SLITもそれなりに強度はあるものの、カバンの中に入れるにはほかの圧力でちょっと曲がってしまったりという危険性があったので、そこを補うことができるアイテムだと思います。

ゴムだから厚さに対応できる

クリアファイルの場合、紙を入れすぎるとどうしても膨らんできて不格好になりがちですが、

SAND ITはゴムで保持するため紙が大量にあっても対応可能です。

コピー用紙250枚までは大丈夫とのことなので、大量の資料でも問題ありません。

250枚持ち歩くのかといわれるとそんなにない気もしますが…ほら、デザイン提案とか…

個人的なおすすめポイント

個人的なおススメポイントは、角の処理

この手のファイルは角ばっていることが多いのですが、適度に丸みをつけてくれているので、

手にぶつかってもいたくないですし、カバンに入れる際も引っ掛かりがなくてストレスフリーです。

非常にシンプルな作りなので非常にこだわって作っているのがわかりますね…

A4資料やクリアファイルを持ち歩く人におススメのSAND IT

シンプルながら非常に考えられたファイルSAND IT。

スマートに書類を持ち歩きたい人にはお薦めなのですが、御紹介した機能美をぜひ手に取ってご確認いただきたい感じもあります。

SAND ITを肴にお酒を飲める人は私と握手!!!


昔は四コマを描いていました。デビュー雑誌が創刊号で廃刊。
秋田県出身、東京在住の会社員。生活をスマートにする雑貨・ガジェットの紹介、映画の感想や工作など、雑多に更新していこうと思います。仮面ライダーネタが多めかもしれません。

待宵 真をフォローする
ガジェット
スポンサーリンク
シェアする
待宵 真をフォローする
オレガノチキン
タイトルとURLをコピーしました